2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


斗宿の新しいサイトが見つかったのでこちらでも紹介。
まぁ、本の紹介みたいなやつなのでいずれ消えるかもしれませんが。

http://books.google.co.jp/books?id=BKJxXo2b_lwC&pg=PA103&lpg=PA103&dq=%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%B9%B8%E4%B9%8B%E5%8A%A9+%E5%AE%BF%E6%9B%9C&source=bl&ots=LpjH-0Ge9m&sig=6ou00L_-Qqx1yCeeboH3x-CeWmE&hl=ja&sa=X&ei=yP0vU9eBM47HlAWRiIC4CA&ved=0CDgQ6AEwAw#v=onepage&q=%E6%9D%BE%E4%B8%8B%E5%B9%B8%E4%B9%8B%E5%8A%A9%20%E5%AE%BF%E6%9B%9C&f=false

このサイトに行きついた経緯を少しお話ししますと
野田元首相の日経新聞の記事がネットに出てそれを読んでいて
なんて素晴らしいことを言うんだろうと思い、
野田さんをうぃきってそこを読んでるうちに松下幸之助が出てきて
そういえば、松下幸之助の宿ってなんだったっけ、でそれをググったら
斗宿だったというわけです。ま、私と同じなんですけどね、わっはっはっはー

久々に読んでみて、「スキルを習得するのが早い」というのがやっぱりそうかと思いましたね。
案外上の上まではいけないんですが、初めのところの呑み込みが上手い気がしてましたね、人に比べると。
ただある程度まで行けたとしても極めることはできないんですけど。
私は色んな物習得するのが好きですし、向いてると思うので。
そこがまた斗宿らしいのかもしれません。

この書籍内にはほかの宿も書いてあると思われます。
興味がある方はスクロールを。


記事の一部分だけ載せましょかね。


■松下政経塾で学んだ経営の志


 ――パナソニックの創業者、故・松下幸之助氏が私財を投じて設けた松下政経塾出身ですね。身近でみた幸之助氏はどんな人でした。


 「すごい人でしたね。志を持った経営者だと思います。世のため人のために役に立つというのが志ではないですか。自分の夢というのは、社長になりたいとか、政治家になりたいで終わってしまう。松下さんは志を持っていました。松下さんと今の経済人の決定的な違いは責任を他へ転嫁するかどうかです」


 ――国頼み、政治頼みですね。


 「政策のせいにする。世界のどっかのせいにする。法人税のせいにする、為替のせいにする。だけど松下さんは違います。政経塾で朝、唱和した『素志貫徹の事』にこうある。『常に志を抱きつつ懸命に為すべきを為すならば、いかなる困難に出会うとも道は必ず開けてくる。成功の要諦は成功するまで続けるところにある』。すなわち自分があきらめたときが失敗なんです。他人のせい、時代のせいにするんじゃないんだと。自分の気持ちの問題ということなんですね。松下さんって『250年計画』を作る人です。しつこく、たゆまず、あきらめずに進むという志、持っていました。今の経済人は短期利益を追いすぎてしまっている。松下さんの感覚を持っている人、今いますかね」


http://www.nikkei.com/markets/features/26.aspx?g=DGXNASFL240OS_24032014000000&df=6



 


スポンサーサイト


comment









trackback